スマートウォッチの比較サイト

最新のデバイスをできるだけ丁寧にレビューをしていきます!時間の都合もあるので、不定期になります。

Xperia Z Ultra レビュー

Xperia Z Ultra レビュー

こんにちは。今日も暑いですね... 早くあの台風どっかいってくれないのかなー

 

じゃなくて、SONYXperia Z Ultraをレビューしていきましょう!!…

 

ん?Xperia Z Ultraは2012年の機種じゃん?最新じゃないじゃん!

とまあそこは置いといてください。長く使っているので、細かくレビューできるということでおねがいします。今回レビューするのはWifiモデルのSGP412です。au版ではございません。

 

概要 

f:id:draemonhawai:20150804182131j:plainf:id:draemonhawai:20150804182208j:plain

これですね。かっこいいカラーバリエーションと薄さがアピールされていますね。

まず性能や大きさを整理しておきましょう。

 

  • 製造・販売メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android KitKat 4.4.2 → Lollipop 5.0(アッップデート可能)
  • CPU:クアッドコア Qualcomm Snapdragon 800 
  • クロック周波数:2.2GHz
  • WiFi:b/g/n/a/ac
  • RAM(メモリ):2GB
  • ROM(記憶領域):32GBのみ
  • MicroSD:◯(128GBまで)
  • バッテリー容量:3050mAh
  • ディスプレイ:6.44インチ、解像度:Full HD(1920×1080)
  • 寸法:縦179×横92×厚み6.5(mm)
  • 質量:212g
  • 防水・防塵:◯(詳しくは長くなるので書きません。)
  • Bluetooth:4.0対応
  • カメラ:フロントカメラ→810万画素、インカメラ→220万画素
  • カラーバリエーション:白、黒、SONYストア限定で紫
  • LTE:❌(Wifi版のため)
  • 音声通話:LineやSkypeやハングアウトなどを使えば可能
  • root化:◯ 簡単にできます
  • bootloaderのunlock:◯ ただし、非常にめんどくさいです

いきなりだけど結論

バランスのとれたタブレット。普通に使うには問題ないでしょう。安定版といった感じ

 

いいところ

  • 動作がスカスカ

起動は15秒ほどで、起動してすぐに使っても全く違和感がありません。もちろん、モンストやパズドラをやっても重くなりませんし、ゲームの動作もスカスカです!

CPUは最新ではありませんし、RAMも最新のスマホなどと比べても小さいですが、余計なキャリアアプリ(dメニューとかおさいふケータイとか)が少なく、勝手に動くアプリが少ないので、この性能で十分でしょう。

 

  • 大きさがGood!

6.44インチのディスプレイを載せたタブレットは日本ではこれだけだと思います。横のベゼル(ディスプレイじゃない黒い部分)が薄く、厚みも小さいので、非常に持ちやすいです。

f:id:draemonhawai:20150804194734j:plain Nexus7 2012(右)との比較          f:id:draemonhawai:20150804195035j:plain

さらに、質量が212gと大きさの割にはおかしいくらい軽く出来ていて、疲れないです。

 

  • バッテリーが持つ

薄い端末なのに、3050mAhのバッテリー容量があり、とても電池持ちがいいです。特に、「スタミナモード」という節電モードを使うと、Wifiに繋ぎっぱなし、Bluetoothヘッドホンに音楽を送り続ける、という状態でも2日は持ちます。ゲームやチャットなどに使う場合でも、1日1回の充電でも有り余るくらいです。

 

  • ディスプレイが綺麗

今となっては、Full HDという解像度はスマホでも普通になってきているが、縦横に入る線が見えにくく、画像も鮮やかに表示される。X-Reality for mobileというソフトを搭載しているので、勝手に補正してくれる。ただし、ゲームやアプリなどの細かいアイコンはちょっと残念になってしまうこともあります...

 

  • 性能に対する値段

最新端末には目劣りする性能だが、満足するパフォーマンスを見せてくれる端末だ。

しかし2012年発売ということもあり、価格が落ちている。最近の価格では2万9千円台も出てきている。ほかの中途半端なものより魅力的です。

 

  • WiFiのスピード

最新の型のac(5G帯)に対応しているため、高速なWiFiでは効果を発揮します。

 

通常のタッチペンは先端がゴムや導電繊維など、フニャフニャな素材ですが、そうではなく、先端が金属のように硬いものでもタッチできます。(鉛筆でもOK)

f:id:draemonhawai:20150804212205j:plainこういうやつです。

悪いところ

  • カメラはただの重り

素数は810万。ガラケーと同じくらいとはいえ、2012年のタブレットとしては褒めてやってもいいと思う。でも、ノイズが入って白っぽくなったり、拡大したらもう悪夢です。これならガラケーや解像度の低い AppleiPod Touchの方が綺麗です。

f:id:draemonhawai:20150804202735j:plain普通に撮った感じ     f:id:draemonhawai:20150804202734j:plainバッグのとこるを拡大すると...

 

わかりにくいかもしれませんが、ガタガタになってもう写真ではありません...

 

  • 音や画面の明るさの最小値が大きい

これには個人差がありますが、電車内でイヤホンを使って音楽やラジオを聴くと、最小音でもうるさいと感じます。また、画面も一番暗くしても明るすぎます。Appleのもののように暗くする必要はないと思いますが、もう少し暗くてもいいと思います。 

f:id:draemonhawai:20150804212325j:plain上がNexus7 2012。共に最小の明るさだが、明らかに下のZ Ultraが明るい。     ※ディスプレイが黒くなっているのは気にしないでください。

 

  • 個体差が大きい

これはあくまで個人的な見解だが、テストが甘い気がします。私は、最初の方は動作が不安定で、よく電源が落ちていました。また、ブラウザや付属のラジオアプリは3回に1回ほど動かなくなりました。。最終的にはホームボタンが動作しなくなりSONYに問い合わせたところ、マザーボード(基盤)の不良だったそう...

また、上の写真にもあった通り、画面のガラスは割れていないのに、液晶が漏れている。これも問い合わせて聞いたところ、不意に奥に力がかかりやすい仕様なのだとか。。。まあSONYは仕様って言葉が大好きですよね...

 サポート目当てで買うのは止めましょう。

 

どういう人にオススメ?

そんなに高いのは買えないけど、スタイリッシュで、性能が十分なタブレットが欲しい、という方には十分オススメです。ゲームやラインも問題なく動きます。Androidデビューをする方にも十分オススメできます。

まとめ

冒頭にも書いたように、性能は十分で、あえて言うなら安定版です。価格も下がってきているので、いまが買い時ともいえるでしょう。ただ、デメリットに気をつけてください。

 

Xperia Z Ultraを今すぐチェック!↓↓

 

広告を非表示にする